生きているうちに部屋を片付けるのが生前整理

仕分けします

ダンボール

何があっても大丈夫なように、生前整理をしておくことが望まれます。専門業者を利用すると、ものの処分や仕分けといった煩雑な作業を代行してくれるため手間がかかりません。また、スタッフの対応が丁寧なら安心できます。費用面などは口コミで確認しましょう。

無料見積もりをとろう

作業員

生前整理は専門業者に相談してみましょう。無料見積もりを取ります。業者によって異なるので、比較することが大切です。部屋の大きさなどによっても違ってきます。また、相談だけでもしてみると何かと楽になります。

遺族の負担を減らす

部屋

生前整理が注目されているのは、遺族と自分のためになるからでしょう。遺族の遺品整理にかかる手間と費用を大幅に減らすことができ、自分も余生を快適に過ごすことができるようになります。財産系の目録を作ることから始めるといいですが、業者に依頼するのも一つの方法となっています。

自分の最期のために

男女

遺された家族のために

近年は終活という言葉が出始めどのようにして自分の最期を迎えるかということを真剣に考える人が増えています。その中の一つに生前整理があります。生前整理とは自分の遺された家族が自分が死んだあと相続問題で苦労したりしないように自分が死ぬ前に財産や持ち物を予め整理しておくことです。死んだあと残された家族が行う遺品整理とは異なります。生前整理をするときにはまずどのようなモットーでやるかを決めましょう。残された家族が苦労しないようにすべて処分するや、自分の持ち物を予め誰かに分配したり寄付したいと個人個人でどのようにしたらいいのかは異なるはずです。それが決まったら実際に整理を始めます。一番最初は自分のコレクションや想いでの品などの個人性が高いものから整理していくとよいでしょう。不要なものはそのまま処分せずにリサイクルショップなどに売ることでこれからのお金を作るということも一つの手かもしれません。生前整理を考えた際、体力面や気力面でどうしても自分でやる気がおこらない、行動に移せないという方は代行サービスも考えましょう。実際に調べてみたところ多くの代行者が見つかりました。代行サービスに任せると自分が立ち合いこれは必要か不要かなど一緒に整理していくことになります。また女性の従業員がいるところもあるので女性の方でも安心して委託することができます。生前整理は最期の旅支度ともいえる大切な作業です。自分の最期が少しでもより良いものになるように考えておく必要があります。